No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
伊坂流ホラ話
2007-06-04 Mon 18:46
フィッシュストーリー フィッシュストーリー
伊坂 幸太郎 (2007/01/30)
新潮社
-+B+-
この商品の詳細を見る

短編集です。ホントに普通の短編集でした。初出がバラバラだったんで、そりゃ当たり前なんですが、伊坂さんのことだから書き下ろしの最後の1篇でビシバシとやってくれるかな?と思ってたんですよ。
それでも非常に水準の高い短編集でした。
深夜の動物園でオオカミの檻の前で眠る元・職員。彼の不可解な行動は?と全く関係のない3人が推理をめぐらせる『動物園のエンジン』
山深い集落に人探しに来た黒澤が、『こもり様』という風習を隠れ蓑にしたビジネスを突き止める『サクリファイス』
同じく黒澤を慕っている空き巣の今村が、女性を助けようとしたところから、なんだか出生の秘密みたいなものに辿りつく『ポテチ』
この黒澤は『ラッシュライフ』からのキャラで、一番登場しているんではないでしょうか?こっちも読んでて、あ、黒澤ね、みたいな。スタイリッシュ(?)でカッコいい空き巣です。カッコ良すぎてあまり強烈な印象に残る話がありません(笑)

表題作の『フィッシュストーリー』が一番オススメで、ある売れないバンドの最後の曲がきっかけで、ある男性が襲われかけている女性を助け、その息子が成長して父親の『正義の味方になれ』という教育方針の賜物でハイジャック犯を倒し、その飛行機に乗っていた女性が数年後、ネットワーク危機を見つけて世界を救うのです。こんなふうに時系列で書いてしまうと(私の説明もヘタですが)、なんてことのない話に聞こえますが、伊坂流に物語が長い時間たゆたうような構成になっています。『お礼は父に』というのがよかったです。

どの短編にも今までのキャラが少しずつ絡んでいて、伊坂ファンにはそれを探る楽しみもありました。
スポンサーサイト
別窓 | あ行 伊坂 幸太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<自選リメイク | No Way Out ~出口なし~ | シネカノン絶好調!>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。