No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
子供より、最近のバカな親に観せたい
2007-06-05 Tue 18:33
皇帝ペンギン プレミアム・エディション 皇帝ペンギン プレミアム・エディション
ドキュメンタリー映画 (2005/12/16)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

マイナス40度の世界。出会いからはじまり、産卵、孵化、巣離れまでを追ったドキュメンタリー。8800時間ですって!ほぼ1年ですよ。
どこかで観たような感じがしたのは、NHKのプラネットアースとCG映画『ハッピーフィート』を足して2で割ったような映画だったからでした。
ペンギンたちのさまざまな様子が写されていて、卵を割ってしまったペンギンがすごく哀しそうに見えたり、親子3羽の3ショットがあったりと、8800時間はダテじゃないぞという感じでした。特に雛がもこもこでかわいくて、かわいくて。今にも『マンブル!』と言って踊りだしそうでした(だからそれはハッピーフィート)。
ペンギンの世界ではオスが少なく、逆ハーなんですって。それというのも、お父さんは3ヶ月飲まず食わずで極寒の中卵を暖め、孵化した後もお母さんがもどってくるまで1ヶ月くらいほぼ絶食。で、お母さんが帰ってきたら、今度は自分が餌をとりに20日間の旅に出るのです。消耗しきった体で旅するのですから、それで命を落とすペンギンが多いのだそうです。それでも、旅に出る直前まで子供になけなしの餌を与えてるんですからね。昨今の未熟な親たちを集めて見せたらどうでしょう?
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<三十路の為の夢物語 | No Way Out ~出口なし~ | 自選リメイク>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。