No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
安定供給されたシリーズ
2007-05-06 Sun 18:58
退屈姫君 恋に燃える 退屈姫君 恋に燃える
米村 圭伍 (2005/09)
新潮社
-+B+-
この商品の詳細を見る

『たとえしがない色恋沙汰であったとしても、このわたくしが正真正銘、天下晴れての一大事にして見せるわ!』と、不穏なことを宣言しているめだか姫。風見藩の冷飯で、将棋の修行に江戸に来ている榊原拓磨の恋の成就を応援します。お相手は三万五千石とはいえ、れっきとした大名の末の姫・萌姫さま。身分違いも甚だしいこの2人をどうやってくっつけるのでしょう?ラストで父親の力を借り、身分的には障害はなくなるのですが、そこに行き着く前に今回も悪役として田沼様が立ちはだかります。
色恋沙汰とは無縁に嫁いでしまっためだか姫は、2人の仲立ちをすることで擬似恋愛を楽しむのです。が、順番が逆になっただけで、嫁いでから『直重さまに惚れた』というめだか姫が、とってもすてきでした。今回一番印象に残ったのは、この最後の一行でした。
前回からたった半月で退屈の虫がうずいてますが、なんたってお仙がアレであれですから、猶予はあと1年くらいしかないんですよね。とりあえず次もありそうですが、今後このシリーズはどうなるのでしょう。めだか姫の言うとおり、お仙に『めだか、大変だ!天下の一大事だぜ!』と、告げてほしいんですよねぇ...。
スポンサーサイト
別窓 | や行 米村 圭伍 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<3億円あたったら私も出資しますよ! | No Way Out ~出口なし~ | 5作の中では異端と思っております>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。