No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
いてててて...『カリフォルニア・ドールズ』
2006-10-09 Mon 23:37
タイトルは女子プロのタッグチームの名前。ブルネットのアイリスとブロンドのモリー、マネージャーのハリーと3人でオンボロ車に乗って全米で転戦しながら、ついにリノでタイトルマッチに出場するというサクセスものです
ピーター・フォークのマネージャーがせこくてやり手で、なんとも味のあるおっさんを演じています。監督はロバート・アルドリッチ。これが遺作です。なんでも日本の女子プロ興行に感動して作ったとか。それゆえか試合のシーンが迫力あります。プロレスシーンが頻繁にあり、結構おなかいっぱいです。ああゆう痛そうなの、ダメなんですよ~。
日銭を稼ぐ為に泥レスに出場してプライドを傷つけられたり、『虎』とかいうライバルと三度戦ってと結構ベタな内容なんですが、ラストのタイトルマッチでハラハラします。あ~でも、やっぱ痛そうで、もっかい観る気にはなれないなー
日本の女子プロチームでミミ萩原とジャンボ堀(?)がでてました。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<看板に偽りあり!! | No Way Out ~出口なし~ | 浅田節うならず>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。