No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ある殺人鬼の告白
2012-07-27 Fri 18:34
ユリゴコロユリゴコロ
(2011/04/02)
沼田 まほかる

商品詳細を見る

昨年あたりから売れまくっている沼田まほかるさんの、なかでも本当によく売れている本。
婚約者が失踪、父親は末期がん、母親が事故で死亡という、不幸がドミノ倒しで起こっている亮介は、あるノートを見つけます。おそらく母親が書いたそれは、小さいころから犯してきた殺人の告白でした。
そこから手記の書き手は誰なのか、そもそも母親は本当に自分の母親なのか、だとしたら本当の母親はどうしたのか?
という謎解きが始まります。最後は家族愛で締めくくられておりますが、どうなんでしょう。
一人を除いて、全員なんらかの犯罪に関わっているんですよ。なんかもうこの家族は麻痺してるんでしょうね、この異常事態に。
百歩譲って家族のための殺人だったとしても、それ以前はただの殺人衝動ですからね。おかしいですって。
でもってラスト、涙で感動に転嫁…、できるわけないでしょうが。
スポンサーサイト
別窓 | な行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
奇跡の新作
2012-07-15 Sun 18:12
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]
(2007/12/21)
Windows

商品詳細を見る
この当時のテレビアニメも映画化といえば、ほとんどがダイジェスト版でした。あのガンダムだってそうですから。(イデオンはダイジェスト&完結編でしたが)
そこでこのマクロスですが、設定はうまい具合に引き継いで、話はまったくの新作に生まれ変わってました。奇跡ですよ、これ!
や~、ミンメイがかわいそうですね。タイミングが悪いとしかいいようがありません。
そしてカムジンやカイフンが名前さえ呼ばれなかったことも哀れでした。
別窓 | 映画 邦画 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
伊坂さんの微妙につながる短編集
2012-07-02 Mon 18:09
PKPK
(2012/03/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


『PK』『超人』『密使』と、なんとなくつながっている短編集です。
第二期作品らしく、ラストの見事な収束はありません。そうゆう小説にしてるんだからしょうがないです。
ワールドカップ予選、試合を決めたPKで、選手は何を話したか。それにさかのぼること20年くらい前、新人代議士がベランダから落ちてきた子供を助けます。彼がまだ子供の頃、父親である小説家はある大きなチカラに屈服しそうになります。
それぞれのエピソードが少しずつつながってるんですが、結局謎は謎のまま、余韻を残して終わります。
初期の頃のあのラストにすべてが収斂される爽快感はないものの、嫌いな読後じゃありません。ただちょっと物足りないだけです。
別窓 | あ行 伊坂 幸太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。