No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
マクラクランが若くて美しいです
2011-04-19 Tue 22:23
デューン 砂の惑星 【HDリマスター版】 [DVD]デューン 砂の惑星 【HDリマスター版】 [DVD]
(2010/08/04)
カイル・マクラクラン/ショーン・ヤング/スティング/ケネス・マクミラン

商品詳細を見る

マクラクランが若くて美しいです。
旦那様が多分無人島に持って行くだろう、お気に入りの1作。
話には聞いてましたが、観るのははじめてです。
映像化不可能といわれた原作の前に、名だたる監督が次々と膝を屈したらしいんですが、それをやり遂げたのがデヴィッド・リンチ。いまだにファンの多い作品らしいんですが、興行的には大コケしたそうです。
そりゃそうだよなー。話が地味だもん。父親の仇を息子が討ち、惑星の救世主(王?)になるっていう。原作はまだまだ続きがあるらしいんで、そこまで読んだら面白いかもしれませんけど。
スティングが敵キャラで出てきますが、その肉体美以外まったくいいとこなし。別にスティングでなくてよかったんじゃ?
リンチらしい美術の美しさとグロさが光る一品でした。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
先生!デッサンが狂ってます!!
2011-04-19 Tue 22:21
「伝説巨神イデオン」劇場版 Blu-ray(接触篇、発動篇)(初回限定版)「伝説巨神イデオン」劇場版 Blu-ray(接触篇、発動篇)(初回限定版)
(2011/03/30)
塩屋翼、田中秀幸 他

商品詳細を見る

イデオン劇場版のブルーレイが出たので、旦那様のお誕生日プレゼントに購入。昨年夏のサンライズフェスのトークショウが初回特典です。
明日仕事だし、今から観たら絶対睡眠時間が削られると思ったんですが、やっぱり観ちゃいました。
やっぱりブルーレイはきれいです。接触編はともかく、発動編の色はものすごく美しいです。ガンドロアってこんな色だったなぁって。
この調子で、テレビ版のブルーレイ化もお願いします!!
でも書き下ろしのコスモがまったく別人になってました。かろうじてカララとハルルがわかるくらいで。
糊川先生、昔ダメだって言ってた方向にいっちゃいましたよ!
別窓 | 映画 邦画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
戦う!お母さん
2011-04-08 Fri 22:18
七人の敵がいる七人の敵がいる
(2010/06/25)
加納 朋子
-+C+-
商品詳細を見る

兼業主婦の陽子は一人息子の陽一が小学生になってから大変です。PTAだ学童の役員だ、果てはスポーツ少年団に地域の児童会と、フルタイムで働く陽子には、そうした活動に参加するのは無理だし、ムダ。いつもどおりの勝気な発言をしたところ、すっかりモンスターペアレント扱い。このままでは息子がいじめられてしまうかもと、嫌々ながらも奮闘しはじめます。
同じクラスのお母さんたち、義母、義姉妹、PTA会長、果ては夫や息子まで敵とみなす陽子がキライだったんですが、確かにお母さんたちの本音ですよね。面倒な役員はしたくないけど、子供のためならなんとかしてあげたい、でもなぁってのは。
私は子供がいないのでこうした苦労はしてませんが、仕事と主婦業と母親業をこなしているお母さんはホントにすごいと思います。そんなお母さんたちへのエールですね。加納先生らしいです。
しかしまさか<ネタバレ>陽一となさぬ仲だとは思いませんでした。
別窓 | か行 加納 朋子 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
青春のバカ
2011-04-05 Tue 22:14
聖夜 ― School and Music聖夜 ― School and Music
(2010/12/09)
佐藤 多佳子
-+C+-
商品詳細を見る

スクール&ミュージックシリーズの第二弾です。今回は長編。オルガン部という、あまりなじみの馴染みのないクラブが舞台です。
子供のころに母親が男と出奔して以来、女性不信でマザコンになってしまった、一哉という男子高校生が主人公。
ついでにいうなら、牧師の父親に反発してわざとミッション系の学校に通ったり、父親の嫌がることをしたり、大変わかりやすいグレ方をしています。本人クールを気取ってますが、甘ったれもいいとこで鼻で笑いながら読んでたんですが、そういや高校生ってのはこんな感じにものすごく狭い世界の中で斜に構えるもんだったなぁと、おぉ、そういえば時代設定がまさに私の高校時代だとわかったら、今度は一哉の行動がまるで我がことのように恥ずかしくなってしまいました。
エンディングの聖夜に向けての緊張感の高まりが、とても美しい一遍でした。
別窓 | さ行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。