No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
亡くなった人をちゃんと悼む
2011-11-20 Sun 19:33
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/11/23)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る

舞台が秩父らしく、登場人物たちも使っていた西武線もタイアップしてましたので、タイトルは知ってました。
集中再放送があったので、観てみたらもうあなた。最終回、夫婦で号泣ですよ。
子供の頃に事故で死んでしまった女の子が、幽霊になって戻ってくる。でも彼女が見えるのは主人公の男の子だけ。
というこの設定。仲良しだった6人組は、それぞれに事故に責任を感じていて、それがずっとトラウマになっているんですよ。
なんでこの時期にめんまが幽霊で戻ってきたのかとか、なんでまた消えたのかとかっていう疑問は明らかにされないままですが、まぁ、泣いちゃったんでもういいです。
事故とか事件とかで、親しい人が突然亡くなってしまった場合、ちゃんとサヨナラが言えないから、残された人はいつまでも引きずってしまうんでしょう。そんな友達のために戻ってきてくれたんだろうなぁ、と思ったらまた泣けました。
スポンサーサイト
別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
生懸命ウミノさん
2011-09-22 Thu 16:25
スピカ ~羽海野チカ初期短編集~ (花とゆめCOMICSスペシャル)スピカ ~羽海野チカ初期短編集~ (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2011/07/20)
羽海野チカ

商品詳細を見る

羽海野チカさんの初期短編集です。
BLに書いてた頃の短編もあって、ものすごく懐かしいです。そして恥ずかしいです(失礼)。
同人のころから読んでいるので、ウミノさんのマンガを商業誌で見かけたときのうれしさというか、ワクワクした気持ちになったことを思い出しました。もう勝手にタニマチ気分だったんで。
悩みながらバレエをやってる女の子と、ケガでサポートにまわった野球部の男の子の話は、『3月のライオン』のひなちゃんたちの原型だとおっしゃってました。なるほどなぁ。
今ではすっかり売れっ子になってしまったウミノさんですが、作品にかける愛情は昔も今も変わらないと思ってます。それを再確認した1冊でした。
別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ヲタだって夢を見るんです
2011-09-04 Sun 16:23
中国嫁日記 一中国嫁日記 一
(2011/08/12)
井上 純一

商品詳細を見る

オタクの40男が20代の中国人の女の子と国際結婚!
その嫁さんとの日常を面白おかしくつづった4コマです。
旦那様がBLOG版の読者で、書籍化されたのでまとめて読んでみました。面白かったです。
年齢と国籍のギャップがメインなんですが、たまーにホロッとさせるいい話が載ってたりします。
ウチのようにケンカの多い夫婦が読むといいかもしれません。
別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
料理指南書に
2011-02-23 Wed 19:10
きのう何食べた?(1) (モーニングKC)きのう何食べた?(1) (モーニングKC)
(2007/11/22)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

カッコよくて、頼りがいがあって料理の上手な敏腕弁護士・シローさんと、美容師のケンちゃんのゲイカップルがおくる、日常物語。
これは前から気になってたんですが、今更ながら読みました。なんつーことはない話なんですけど、おもしろいんです。やっぱりよしながさんの描くゲイはいいですね。まだ真骨頂であるヌードが見れてませんが。女性は相変わらず色っぽくないですね。料理もおいしそうには見えませんが、作ってみたいなとは思います。
この後どうゆう展開にするんだか。
別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
すずちゃんがどんどんブ●になってくような...
2010-10-18 Mon 20:59
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃海街diary 2 (フラワーコミックス)海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)海街diary
(2007/04/26)
吉田 秋生

商品詳細を見る

吉田秋生はバナナフィッシュの亜流みたいな夜叉なんかより、こうした人間ドラマのほうが好きでして、3姉妹のところに引き取られた異母妹のすずちゃんの日常です。
しっかり者のシャチ姉、酒飲みのよっちゃん、変人のチカちゃんと、お姉さんたちも個性的です。
以前、一条ゆかりが”年とったら、高校生の話なんて描けない”ようなことを言っていて、だから『有閑倶楽部』はもう描かなくなったようですが、吉田秋生はまだまだ大丈夫ですね。すずちゃんの淡い恋心がよかったです。
今ちょっとお休み中ですが、是非チカちゃんの話を描いてほしいです。あれで一番気配りの人ですから。高校時代の話とか、店長との馴れ初めなんぞ、よろしくお願いします。
別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あざとくて笑えない
2010-09-01 Wed 20:52
なごみさん(1) (モーニングKC)なごみさん(1) (モーニングKC)
(2010/06/23)
宮本 福助

商品詳細を見る

同人の頃から応援していた宮本福助さんの、3作目の商業誌コミックです。
やたら強面のおっさんが喫茶店を開きました。お客さんはもちろん、商店街のみなさんもびびりまくりです。
でも実は優しいなごみさん、少しずつ誤解もとけてお友達もでき、なんとかやっていけそうです。
ハチが一目みて、『なんかいつもと同じキャラじゃない?』と言いました。確かにそうなんですよね、宮本さんのキャラは基本オジサンで、女性は気が強いというのがパターンです。
ついでに言っちゃうと、なごみさん、デッサンがところどころ崩れてます。読んでて不自然なんですよ。猫はかわいいんだけどなー。
話もいまひとつ。強面の元・刑事が脱サラして喫茶店。これってもう膨らませようがない気が…。
宮本さんの本で買って損したぁ~と思ったのは、同人・商業通して初めてでした。
別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
このギャップが
2010-07-30 Fri 18:08
20世紀少年の脇役 ウジコウジオ作品集 (ビッグコミックススペシャル)20世紀少年の脇役 ウジコウジオ作品集 (ビッグコミックススペシャル)
(2010/06/30)
浦沢 直樹ウジコ ウジオ

商品詳細を見る

本編でマンガをユキジにマンガを酷評されたウジコ・ウジオが、ユキジに認めてもらおうと描いた作品の数々です。
目指せラブコメらしく、昭和の臭いがぷんぷんします。
それにしたって、なんだってこの二人なんでしょう。スピンオフ描くにしたって、他にもいっぱいいるでしょうに。
本編とはまるで関係のない1冊ですが、あの頃こんなことをしてたんだなぁと、考えると読んであげてもいいんでは?浦沢さんだけが喜んでいるだろう作品集でした。
別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
サイバラ先生のほうがうまいかなと
2010-05-27 Thu 19:22
西原理恵子の人生画力対決 1 (コミックス単行本)西原理恵子の人生画力対決 1 (コミックス単行本)
(2010/03/17)
西原 理恵子

商品詳細を見る

マンガ界イチ絵の下手(自称)な西原理恵子が、マンガ界の人気者から巨匠まで、挑戦状を叩きつけての画力対決です。”ぷっすま”でやってる、お題を出されて記憶力で描くアレです。
笑いました。や~、結構ひどいんですね、みなさん。
江口寿史はもう”江川達也と同じ箱に入ってんだよ”というサイバラ先生のご意見には、激しく同意いたします。ひばりくんですらもう描けないんですねー。
この企画まだまだ続いているようなんで、是非がんばっていただきたいです。
別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
よく働くなぁ、浦沢直樹
2009-07-08 Wed 17:39
BILLY BAT 1 (モーニングKC)BILLY BAT 1 (モーニングKC)
(2009/06/23)
浦沢 直樹長崎 尚志

商品詳細を見る

『PLUTO』が奇跡的に8巻で終わりました。20巻くらいいくかと思ってたんで、これは僥倖です。あぁ、よかった。
と、喜ぶ間もなく次の連載が始まってました。なんと、今度は”下山事件”ですよ。日本の黒い霧かぁ~。
相変わらず謎が思わせぶりにてんこ盛りで、伏線張りまくりです。このうちの何割が回収されるんでしょうか。
また長くなりそうだなぁ。
思いがけず白洲次郎が特別出演してて、ちょっとビックリでした。
別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
6年ぶりに復活
2008-03-14 Fri 19:25
MOON 1―昴ソリチュードスタンディング (1) (ビッグコミックス)MOON 1―昴ソリチュードスタンディング (1) (ビッグコミックス)
(2008/02)
曽田 正人

商品詳細を見る
『昴』の第一部が終了してからはや6年。その後、曽田先生は他の連載を始め、もう続きを描くことはないだろうなぁ、そろそろBOOKOFFに持ち込もうか、と思っていた矢先、再開のニュースを聞いて狂喜乱舞です。
で、その第1巻がこれ。NYで大失恋をしたすばるちゃんが、いつの間にかベルリンにいました。そこでまた天才っぷりを見せ付けるわけなんです。
いや~、面白かった。何度も読み返しちゃいましたよ。『ガラかめ』のような天才モノが大好きなんで、今後のすばるちゃんに期待です。

別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| No Way Out ~出口なし~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。